矯正歯科の歯列矯正で歯の健康寿命を延ばそう

歯並びの治療を行うのが歯列矯正です。
歯列矯正は歯並びをきれいにして見た目を改善するところだと多くの人が思っています。
確かに、ガタガタの歯並びや出っ歯をきれいにすることが歯列矯正の治療をすることで可能になります。
けれども、矯正歯科の目的は、ただ歯並びをきれいにするというだけではありません。

実は、歯並びが悪いというのは、見た目以上の問題を抱えています。
噛み合わせがうまくいかないので、胃腸などの消化器官に負担をかけてしまうこともあります。
上手く噛めないことで、食事に時間がかかるということも多いです。
さらに、歯並びが悪いと汚れがたまりやすくなります。
汚れはつきやすいのに、歯ブラシは届きにくいという状態で、虫歯になりやすいです。

お口の病気は虫歯だけではありません。
汚れをそのままにしていると、菌が多く繁殖し、プラークを形成します。
プラークは虫歯の原因になるだけでなく、歯周病の原因にもなります。
歯周病は虫歯のように痛みがないので気づきにくい病気ですが、初期段階では歯茎の腫れ、症状が進んでいくと歯が動揺して抜け落ちてしまうこともあります。

虫歯や歯周病にならないように予防するという面からも、歯列矯正は大切な働きをしています。
歯並びがきれいになると、きちんとした噛み合わせになります。
歯磨きもしやすいので、自宅での歯磨きで虫歯や歯周病を予防することができます。
磨きやすいということは、お口の健康寿命をのばす上で非常に大切なことです。
矯正歯科では、歯磨きの方法も教えてくれるので、よりきれいにすることができます。

歯の健康寿命は、体の健康寿命につながります。
グラグラした歯では、好きな物を食べることができませんが、健康な歯では固い物も噛むことができ、食生活を楽しむことができます。
歯列矯正をすることで、磨きやすい歯並びになると、口の中が清潔になり、虫歯になりにくい状態を維持することができます。

矯正歯科は見た目をきれいにするだけでなく、噛み合わせから、お口の健康、そして全身の健康まで改善することができます。
噛む機能が良くなることで、胃腸への負担も減ります。
さらに、噛み合わせが良くなると、肩こりや頭痛が解消されることもあります。
歯並びは見た目の問題だからと、矯正歯科に行かない人も、体のことをよく考えてみましょう。
胃の痛みや肩こりなど、日頃感じている不調の原因は歯並びにあるかもしれません。
お口のなかだけでなく、体全身の問題にもなるということがよく分かります。

肩こりに悩む女性