口元の見た目を気にするなら審美歯科がおすすめ

口元が気になるという人が、性別を問わず増えています。
虫歯を治しても、銀歯が目立ってしまったり、昔作った差し歯の色が変色してしまったという悩みもあります。
悩みやコンプレックスがあると、隠そうとして無意識に手で口元を隠してしまう癖がついてしまうこともあります。

このような口元の悩みは、審美歯科で解消することができます。
審美歯科は、一般歯科とは異なり、審美的な治療を行う歯科です。
ただ虫歯を削って銀歯にするという機能的な治療ではなく、美容を目的としています。
そのため、審美歯科では銀歯を使うことはありません。
詰め物や被せ物にはセラミックを使用します。
セラミックは、本物の歯のような質感の素材で、自然できれいな外見です。

綺麗なセラミックの歯

詰め物や差し歯ではなく、自分の歯の色が気になるという人は、歯のクリーニングを受けましょう。
クリーニングでは、毎日の生活の中でついてしまう、茶渋やカレーの着色をきれいに落とすことができます。
クリーニングをすると、歯の表面がツルツルになり、汚れが付きにくくなります。
治療に痛みはなく、とても快適なので、一度受けると繰り返し受けるという人も少なくありません。

歯の汚れを落としたけれども、色が気になるという人に向いているのが、ホワイトニングです。
クリーニングは歯の表面の汚れしか落とすことはできませんが、ホワイトニングでは歯の内部の色素を分解することができます。
使用する薬剤は漂白剤のような効果があり、内部にまで浸透して色素を分解します。
元々もっている歯の色よりも白くすることができるメリットがあります。
人の歯の色は、年齢を重ねると黄色くなる傾向があるので、ホワイトニングをすると若々しく見せる効果があります。

また、歯並びをきれいにすることもできます。
矯正歯科は時間がかかる治療ですが、審美歯科では歯並びが気になる部分を削り、セラミックをかぶせることで、短期間での治療が可能です。
治療中は仮歯を用意するなど、歯の無い期間がないように配慮してくれます。

審美歯科では、美容や見た目をきれいにするための治療をすることができます。
口元で気になる部分があれば、審美歯科に相談してみましょう。
よりきれいになるための治療を提案してくれます。
ホワイトニングやセラミックなど、自分に合った治療を受けることで、自信のなかった口元がきれいになり、性格まで明るくなった患者さんもいます。
きれいな歯は、自分が見ても周りが見ても美しさを感じるでしょう。