入れ歯には種類がある!何が違うか徹底解説!

入れ歯は歯がなくなった人が使うものだということは知っていても、種類があるということは意外と知られていません。
まず、入れ歯の種類として残っている歯に合わせて部分入れ歯と総入れ歯に分けることができます。
総入れ歯はピンク色の歯茎の部分と白い歯の部分が一体化していて、部分入れ歯は金属のバネがあり残っている歯にかけることで固定します。

そして、素材の違いによっても分けることができます。
健康保険を適用した素材はレジンを使った入れ歯です。
レジンとはプラスチック樹脂のことで、歯茎などの粘膜にあたると痛みが出てしまいます。
保険が適用されるので費用の面では安いですが、決して使いやすい入れ歯とは言うことができません。

痛みの少ない入れ歯にするために、レジンの内側にシリコンを使った入れ歯もあります。
シリコンはやわらかいので粘膜に当たっても痛みがありません。
歯茎と吸着するという特徴があるので、外れにくいというメリットもあります。
シリコンは歯茎との間でクッションの役割をするため、痛みもなくよく噛めるようになります。
ただ、シリコンを使用することで健康保険を適用することができなくなります。

また、金属を使った入れ歯もあります。
歯や粘膜など見える部分はレジンなどを使いますが、裏側に金属を使うことで薄くすることができます。
金属は熱伝導率が高いため、冷たい物は冷たく温度を感じながら食べることができ食事の楽しみも広がります。
薄くしても金属の強度で割れにくく、汚れもつきにくいです。

最近ではレジンを使用しない入れ歯もあります。
特殊な樹脂を使うことで、指で曲げられるほどやわらかい仕上がりになります。
残っている歯にぴったりと合う形で作るため、金属のバネを使用しなくても固定出来見た目がいいというメリットがあります。
厚みも少なく、食事の温度もレジンよりも分かりやすいです。

入れ歯の種類は、残っている歯の状態や素材によって分けることができます。
部分入れ歯と総入れ歯はお口の状態に合わせるので選ぶことはできませんが、素材に関しては自分で選べます。
初めて入れ歯を作成する際は、どの素材がいいか分からないということもあり、レジンで作るという患者さんが多いです。
痛みなどの不便を感じたら、保険適用外の素材を試してみてもいいでしょう。
歯や歯茎の状態はひとりひとり異なるため、入れ歯はオーダーメイドで作成されます。
自分に合った入れ歯を作り、見た目と噛み心地のいい治療を受けましょう。