マウスピース矯正のクリアアライナーとインビザライン

綺麗な歯並び

きれいな歯並びは、その人の第一印象を大きく左右する要素のひとつです。
美しい口元は、就職活動や婚活をおこなう上でもメリットをもたらしてくれるため、大人になってからでも歯列矯正をはじめたいと希望する方はたくさんいます。

しかし、一般的な歯列矯正で使われている金属製のブラケットやワイヤーなどの矯正装置は目立つため、外見上の問題もあって、思い切ることができないという人も少なくありませんでした。
ところが日本にもインビザラインやクリアアライナーが導入されることになり、そのような悩みを解消してくれることになったのです。

インビザラインおよびクリアアライナーは、透明な素材で作られているマウスピースタイプの矯正器具です。
目立たないため、歯列矯正をしていることを周囲の人から気づかれにくいという特徴があります。
また、マウスピースタイプであることから取り外しができるので、食事中には外すことが可能です。
つまり、歯並びの矯正をはじめてからも、通常通りに食事を楽しめるようになりました。

インビザラインやクリアアライナーが持っている、もうひとつの大きなメリットは、歯のお手入れがかんたんなことです。
従来のワイヤーやブラケットなど、歯に固定するタイプの矯正装置を使用する場合は、どうしても食後の歯みがきが複雑になってしまいます。
丁寧に正確なお手入れを心がけていても、従来の歯列矯正をおこなう場合は、虫歯のリスクが高くなってしまうというデメリットは避けられませんでした。

一方、マウスピースタイプの矯正装置を使用する場合は、歯みがきの際には取り外すことができます。
虫歯になりやすい歯間のお手入れも、かんたんにおこなうことができるので、歯列矯正中の虫歯のリスクを抑えることが可能になりました。

インビザラインとクリアアライナーは、双方とも同じマウスピースタイプの矯正装置ですが、いくつかのポイントで違いがあります。
たとえば、治療時におこなう歯型の取り方です。

マウスピースを作成するためには歯型を採取しますが、インビザラインでは最初に正確な歯型を一回取るだけで済んでしまいます。
それを元にしてコンピューターによる矯正のシミュレーションをおこない、治療の過程で必要なすべてのマウスピースを作成してしまうのです。

クリアアライナーでは、新しいマウスピースを作るたびに歯形を取ります。
そして、クリアアライナーで使用するマウスピースにはソフトタイプとハードタイプの2種類があり、その両方を使い分けながら治療を進めます。
歯にかかる力の加減が可能なため、痛みを感じることが少ないことも、クリアアライナーの特徴です。